【DRM制限とは】退会後にDLしたアダルト動画が見れない罠


DRMアダルトサイトDRMとは著作権保護のためのプロテクトのことです。ライセンス認証がないと動画が再生されない仕組みになっています。

単品販売のアダルト動画にはこのDRMが施されていることが多くて、例えばDMMの動画ならDMMプレイヤーでしか再生出来ません。編集やコピーなども一切出来ません。

以前はこのDRMを解除するソフトなども存在していましたが、その後DRM側も対策を打ち、現在ではDRM制限を解除することはほぼ不可能となっています。

とは言え、単品販売のアダルト動画にDRMがかかていてもたいした問題はありません。感じる不満といってもせいぜい自分の好きな動画プレイヤーで再生できないことぐらい。

問題は月額アダルトサイトのDRM制限です。

退会すると動画が見れなくなる

月額の有料アダルトサイトにもDRMを採用しているところがあります。そういう所では退会すると動画が見れなくなります。ダウンロードして自分のパソコンに保存したはずの動画でさえ見れません。DRMのせいで再生出来ないのです。

だから動画をコレクションしたい人は注意しましょう。DRMありの月額アダルトサイトだと動画は手元に残せません

代表的なところではDMMの月額コースやMGSのシロウトTVなど。

海外経由の無修正サイトとは違い、国内の大手アダルトサイトが運営する月額コースはDRMで制限してる場合が多いです。入会する際はDRMのありなしを必ず確認するようにしましょう。

DRMへの対抗策

DRMが嫌ならその月額サイトには入会しないのが一番。

でもそうも言ってられないというのが悲しき実状。明智もDRM覚悟でシロウトTVなどを利用しています。

退会後に動画が見れなくなる問題をどう解決するのか。その一番の方法はキャプチャー録画です。

パソコンに映しだされている映像をそのまま絵として記録するキャプチャーソフトってたくさんありますよね。キャプチャー録画ソフトは言わばその連続記録版。

絵を1秒間に10枚とか連続でパシャパシャ撮りまくり、再生するときはパラパラ漫画のように絵を連続で流すことで動画のように見せてくれます。音ももちろん同時に録音してくれますよ。

かなりアナログな記録方式のため欠点も多いです。

録画を始めたらもう途中でパソコンは使えないし、終わるまでの実時間をずっと待ってないといけないし。

画質も多少はオリジナルより劣化します。

絵を大量に記録していく方式なので容量がすごく大きくなるのもかなり困ります。

キャプチャー録画出来るフリーソフトもあるけど、録画時間が10分などの制限があったり、画面に広告や変なロゴが出てきたりして悲しい思いをします。明智の知る限り満足できるフリーソフトというのは存在しません。動画を本当にちゃんと残したいなら有料のキャプチャー録画ソフトを買ったほうがいいでしょう。

Bandicam

明智のやり方を少し紹介します。まず気に入った作品はBandicamという有料のキャプチャー録画ソフトで保存します。Bandicamはフリー版もあるけど録画時にロゴマークが入るし、録画時間も短いです。

明智の知ってる範囲ではこのBandicamが一番高画質で録画してくれます。GOMPlayerという有名な動画プレイヤーも作っている会社のため技術が高いです。

他に有力なキャプチャー録画ソフトとなるとムービーグラバーぐらい。グラフィックボードからダイレクトに画像情報を読み取るとか何とかいう特殊な録画システムで、以前はかなり使えるソフトでした。でも結局アダルトサイト側に対策され、今ではもうあまり利用価値がないソフトという印象。画質がすごく良かっただけに残念です。

Bandicamを使う場合は動画の一番エロい部分のみ録画するようにしています。全部録画していたら時間がかかるし、動画の容量も巨大になるので。

そのためその作品の一番いいシーンを10分間とかだけ録画します。

本当に気に入った作品はキャプチャー録画ではなく、もうその動画を単品販売で購入してしまいます。月額見放題で観たやつを後からまた買い直すというワケです。非常にアホらしいことですが、本当にいい作品で永久に手元に残しておきたいものだけは買い直します。

キャプチャー録画だとどうしても画質が劣化するので、それが明智には許せないのです。買い直すのは年間ベストワン級の本当にすごい作品だけですけどね。