【着エロ】あずまひかりの出演作品一覧と春日ひかりのその後


タグ:あずまひかりの着エロレビュー記事一覧

着エロ作品
あずまひかりはAV女優ではないので着エロしか残していません。

あずまひかり lips
L.I.P.S

2010年9月
あずまひかり Hot chocolate
Hot chocolate

2010年10月
あずまひかり Pin-up Girl
Pin-up Girl

2010年12月
あずまひかり Pin-up Girl 2
Pin-up Girl 2

2011年2月
あずまひかり Pin-up Girl 3
Pin-up Girl 3

2011年4月
あずまひかり pg
pg

2011年6月
あずまひかり Ten-nyo 天女
Ten-nyo 天女

2011年8月
あずまひかり さよならの代わりに
さよならの代わりに

2011年10月
あずまひかり スリルクラブ
スリルクラブ

2011年10月
あずまひかり 競泳アイドルピタピタボディライン
競泳アイドルピタピタボディライン

2012年1月
あずまひかりのいじわる大挑戦!!
あずまひかりのいじわる大挑戦!!

2012年4月
あずまひかり いい表情(かお)
いい表情(かお)

2012年5月

最高傑作は乳首ぽろりシーンもある2作目の『Hot chocolate』だと言われています。マンコが一瞬映っていたせいで発売停止になった7作目『Ten-nyo 天女』も人気があります。

その他の作品はどれも評価が同程度。明智はデビュー作の『L.I.P.S』と引退作の『いい表情』が好きです。デビュー作の初々しい様子には興奮するし、引退作のAV風の撮り方もエロくて好きです。

『競泳アイドルピタピタボディライン』と『スリルクラブ』は複数出演もの。

しかし『スリルクラブ』の方は大ボリュームで、あずまひかりのパートも2時間ほどあるため買って損はないです。DVD版とムック版があって内容はほぼ同じ。ムック版は全30ページの本とDVDがセットになったもの。あずまひかりの写真も12ページに渡って掲載されています。DVD版はDVDのみだけどムック版にはないおまけ映像が少しだけ追加されています。

デジタル写真集
引退後に出たものばかり。未公開カットをちょっとだけ含む写真集が今更ながら発売されています。
あずまひかり 聖女学園ヌレ少女
聖女学園ヌレ少女

2014年1月
あずまひかり Destiny
Destiny

2015年10月
あずまひかり 美乳アイドル 清純の放課後
美乳アイドル 清純の放課後

2016年9月
あずまひかり Perfect Lovers
Perfect Lovers

2017年10月

その他
AV女優などが出演する舞台劇にあずまひかりもメンバーのひとりとして出演。映画ではなく2012年4月に行われた舞台を撮影したもの。
あずまひかり すべての女に嘘がある~少女、剪定~
すべての女に嘘がある~少女、剪定~

2012年10月

作品の入手について
引退して日にちが経っているため入手が難しい状況がだんだんと出てきています。リンク切れの可能性も考慮してください。

以前は月額サイトのイッテルにほとんどの作品が置いていました。しかしイッテルはその後閉鎖。

現在月額サイトではいちごだいふくぐらいにしか作品が置かれていません。あまり画質の良いサイトではないのですが、あずまひかりの動画が5本ほど用意されています。

とくに『Ten-nyo 天女』を置いているのはいちごだいふくの大手柄です。この作品は入手が非常にむずかしい状況にあります。

ヤフオクでは4万円などの高飛車な値段で売られています。一番いいのは違法動画で入手してしまうことですが、知識や経験がない人には危険。架空請求やウイルスなどのリスクが待ち構えています。

ページの冒頭で示したあずまひかり作品一覧では「明智ならここで入手する」という第一候補へリンクを張っています。

まず第一候補となるのはダウンロード版です。それをDMMや着エロ販売サイトなどで探して、最後どうしても入手出来ないやつはDVDを買います。

DVDを探すならamazonが第一候補で、なければアルゾンやEIC-BOOKあたりが第二候補。それでも見つからなければ着エロDVDの通販サイトをまわります。ヤフオクとかネットの中古DVD通販は最後の手段ですね。プレミアがついて妙に高値になっていることが多々あります。

あずまひかりのここが凄かった!

あずまひかり 着エロ

30年にひとりぐらいのレジェンドです。AV女優にしか興味ないような明智が特集ページを作るぐらいですからね。

着エロの娘で特集ページを作るのはおそらくこれが最後でしょう。二人目があるとしても30年後ぐらいになると思います。

あずまひかりは2010年に18歳で着エロデビュー。2年後の2012年4月に事務所が倒産。あずまひかりもここでほぼ引退状態に。2年たらずの活動期間だったのですが、10本ちょっとの着エロ作品を残しました。

事務所からはずっとAV転向を迫られていたような状態でした。でもあずまひかりはAVには行かず芸能界への道をこころざします。それで事務所は潰れ、あずまひかりも宙ぶらりんに。

あずまひかり ブス残念なことにAVへは転向しなかったあずまひかりですが、この娘の長所はやっぱりエロさです。何が凄いってブスなのに可愛いというその顔。逆サイドから攻めてくるような裏街道的エロさ!

これほど強烈な逆フェロモンを発散させている娘はちょっと見たことないですね。

顔がブスでしかも可愛いんですよ。あり得ないです。指原莉乃の5倍ブスだけど指原莉乃より5倍可愛いという。

可愛さとブスさを程よくミックスブレンドしています。奇跡のバランスと言っていいぐらのベストな配合。

ションベン臭い童顔なので中学生ぐらいに見えます。眉毛もかなりブス下がりしていて、すごく弱さを感じさせる顔です。

性格も真面目で純粋な感じ。

こうしたことを見てもわかるように、あずまひかりはエロから非常に遠い所に位置しています。ブスで真面目なただの子供です。

でも目が大きくてパッチリしてます。本当にアイドルになれるんじゃないかってぐらいキレイな目です。だから可愛いんですよ。ブスなのに可愛い。

そして子供顔のくせに身体つきがヤラシイ。オッパイが大きくてお尻も大きい。肌も張りがあって健康的。

あずまひかりのエロい腰ラインさらにウエストがキレイに反っています。

この背中から腰・お尻へのラインは親のDNAから受け継いだ骨格のたまものですね。

外人には多いタイプだけど日本人でここまで美しい腰の曲線はなかなか見ません。

スタイルが非常に良く見えるし、エロく見えます。

子供みたいな顔して体つきはエロ外人みたい。

そんな娘が着エロをやるのだからもう女を感じずにはおれないじゃないですか。エロから遠い所に位置していたはずの娘が裏街道から一気に攻めて来ます。

つまり逆フェロモンです。

あずまひかりから春日ひかりへ

春日ひかりの前向きLIFE

2年間ほどの活動のあと事務所は潰れ、あずまひかりはフリーに。もうほぼ引退状態です。

名前を春日ひかりに変えて地下アイドル的な地味な活動を続けます。でも事務所の後ろ盾がなくなってしまい、ほとんど仕事がありません。

イベントで歌を歌ったり、写真撮影会をやったり。

結局鳴かず飛ばずでこうした活動も1年を待たず終了。そして完全引退へ。

あずまひかりは普通の女の子

あずまひかりはもともと芸能界に憧れていた普通の女の子です。ドラマに出たりバラエティー番組に出たりしたかった普通の娘です。

出身は東京。普通の家庭に生まれてごく普通に育ちました。

子供の頃から芸能界への憧れを抱いていたそんな女の子が大学一年生のときに街でスカウトされます。しかし声をかけてきたのは弱小の着エロ事務所だったという。

まだ18歳だったあずまひかりは業界のことも着エロのことも何もわからなかったのでしょう。映画やドラマに出られるチャンスがつかめればと思い、言われるままエッチな撮影をこなしていくことになります。

あずまひかり ぎりぎり裸

でも本人はやはり抵抗があったようです。裸同然でカメラの前に立ちますからね。どう考えてもズリネタ以外に用途がないようなAV風のオナニー用動画を撮られるわけですから。

親もかなり心配していたはずです。

でも当然ながら芸能界へのチャンスなどめぐって来ませんでした。それが現実です。65点顔のブサカワ少女が通用する世界ではなかったのです。アイドルになれる娘なんてみんな90点以上のスーパー美少女たちです。

あずまひかりは芸能界には届かなかった。でも着エロでは頂点に。

あずまひかりは芸能人に求められる顔という点では65点で全然足りないけど、エロ方面でなら99点という凄まじいハイスコアを叩き出しました。30年にひとりぐらいのウルトラ・ゴールデン・ルーキーです。まるで大谷翔平です。

芸能人を目指していたような可愛い娘がAVなどのエロ方面に転向すれば簡単に成功する、というような単純な話ではないんですよ。芸能人とエロ方面では求められるものが結構違います。100メートル走とマラソンぐらい違います。

あずまひかりは走るのが速かった。だから100メートル走(芸能界)を目指した。でも全国から集まって来るアイドル志望の娘たちはもっと速くて、みんな10秒台で走れるんですよ。でもあずまひかりは12秒台しか出せない。

まあ12秒台でも一般レベルから見ると充分速いんですけどね。

そこであずまひかりは拾ってくれた事務所の命令でマラソンに出場させられます。そしたら途方もないスタミナを持った娘だったことが判明。いきなりフルマラソンで優勝しちゃうような。

それから10戦連続ぐらい勝ちまくります。もう天性の長距離ランナーです。

そこで事務所が今度はトライアスロン転向を要望してきます。あずまひかりはそれを突っぱねました。それどころか私本当はマラソンすら嫌なんです。私本当は100メートル走に出たいんです。そのために今日まで我慢してきたんです!

こうして事務所と決別したあずまひかりは川内優輝のように市民ランナーに戻り、町内の運動会に出るところからやり直しました。頑張りました。でもどう頑張っても12秒台しか出せないんですね。マラソンでは常にぶっちぎりで勝てたのに。

で、完全引退へ。

春日ひかりのその後

春日ひかり その後

あずまひかりが完全引退を告げたのは2013年の夏頃。もともと大学に通いながら芸能活動をしていた娘です。時期的には大学卒業目前。

おそらく親との約束とかもあったのでしょう。卒業までに芽が出なければあきらめるみたいな。

就職先が決まったから引退という流れだったのかもしれません。

この完全引退後はまったく表に出てきていません。その後あずまひかりがどうなったか誰も知らないという。まるで山口百恵のような完全な引退ぶりです。

性格的に非常に真面目な娘なのでしょう。

大学卒業後はおそらくどこか普通の会社に就職したはずです。普通のOLとして何年か過ごし、その後は結婚して出産という平凡な人生を歩むのでしょう。

あずまひかり本人にとっては着エロなんて黒歴史でしかなく、なかったことにしてしまいたい過去なのかもしれません。

でもあまりネガティブには考えてほしくないですね。着エロ界に大きな足跡を残したレジェンドなんだから。

芸能界にはいまいち向いてなかった娘です。もしチャンスをつかんで映画やドラマに出ていたとしても、たいした結果は残せなかったでしょう。

でもこれはAVも同じで、実はもしAV転向を了承していた場合も、たいした結果が出なかった可能性があります。着エロ女王がAVに転向して鳴かず飛ばずなんてよくあることです。

どうしてそのようになってしまうのかというと、AVを撮っている人たちが地味清楚系を苦手としているから。あずまひかりのような娘なんてまさにそう。

AV監督ってオラついたヤンキー系の人ばかりです。だから淫乱エロギャルなら撮れます。でも地味な娘とか真面目な娘はどう撮っていいのかわからないんですね。

地味に撮ればいいだけだけど、それが出来ない。つい派手な格好をさせて、派手な手マンガシガシで豪快な潮吹きとかやってしまう。

こうしたAV業界の弱点を図らずもカバーしているのが着エロという代物です。

あずまひかり 春日ひかり 地味

着エロは全裸に出来ないし男優との絡みなども当然ありません。もう地味に撮るしかないんです。

だから着エロはあずまひかりのような清楚な娘が生きる。AVに転向していたらセンスのない監督にオラオラ系の作品を撮られて終わっていたように明智は思います。あずまひかりの良さが全部殺されていたのではないでしょうか。

あずまひかりは30年にひとりの逆フェロモンガールです。それがわかっていないといいAVなんて撮れません。

そういう意味であずまひかりは着エロという自分が一番生きる世界で活躍することが出来ました。これは幸せなことではないでしょうか。100メートル走だけが人生ではありません。

あずまひかりは着エロ界のレジェンドとして当分は語り継がれていくことでしょう。周囲への誠実な対応ぶりやAV転向を頑として突っぱねた清楚さなども一緒に語り継がれていくでしょう。

残した作品もさることながら、合わせてその生き様も語り継がれていくのです。

おまけ

あずまひかりのブログの魚拓1

あずまひかりのブログの魚拓2

あずまひかりのブログの魚拓3

あずまひかりのプロフィールの魚拓

その他、重かったり画像なしだったりで完全ではないけど、いくつかブログ記事のキャッシュが残っています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 

あずまひかり 掲示板1

あずまひかり Part2

あずまひかり Part3

あずまひかり Part4


関連記事:あずまひかりの着エロレビュー記事一覧