栗原くるめ「北海道出身 私エッチなことに興味があるんです 経験人数1人」

北海道の田舎むすめをAVに出す。

栗原くるめが激エロい。でもその持てるポテンシャルを引き出せていない。


>>動画のダウンロードはDMM公式サイトで


販売元:DMM(単品販売)
女優名:栗原くるめ

北海道出身「私エッチなことに興味があるんです」経験人数1人。実家は酪農を営む東京ドーム358個分1700ヘクタールの広大な土地で生まれ育った純朴そうな外見からは想像も出来ない自分から求める20歳は何故アダルトビデオに出演するのか?栗原くるめ

秘めたるハイポテンシャル

力をまったく出しきれていません。栗原くるめが可哀想。

栗原くるめはシロウトTVから2017年にデビューして、今日紹介する作品は2作目。あとは、ひなの里歩とのオムニバスが1本あります。

どの作品を見ても栗原くるめの良さがまったく出ていません。

もうアホでしょう。

この娘は芋くささではかなりのハイポテンシャルを持っています。2017年デビュー組の中でもブサカワ度ならかなり上位。

将来有望な芋新人です。

それなのになぜどの作品でも派手撮りしてしまっているのでしょう。そのせいで栗原くるめの芋な感じやブスな感じがまったく出ていません。

エロプロたるAV監督ならもう栗原くるめを見た瞬間にその芋ポテンシャルを見抜かないといけません。地味な服装や地味なメイクをさせることはもちろん、責め方も超地味でいいんです。

それなのに監督たちは揃いも揃って派手撮り派手合戦を繰り広げいます。

この作品でも目隠ししてみたり、麦わら帽子をかぶせてみたり、首にカントリー娘みたいなバンダナを巻いてみたり、派手派手コントアイテムだらけ。

そんなものは必要ないんです。基本どおり普通に栗原くるめを撮れば素晴らしい芋作品が完成するんです。

改善すべき大きなポイントはふたつあります。

栗原くるめのカラコンはいらない

ひとつは栗原くるめの装着しているカラコン。目のバランスがあきらかにおかしいです。質感もひどくてまるでプラスチックのような目になっています。

これが原因で栗原くるめは目をしっかり開けているときよりも、目を細めているときや笑っているときの顔のほうが可愛く見えます。

カラコン好きの男なんてこの世にはいません。AV撮影のときにカラコンなど不要。カラコンなど女の言い分でしかありません。

栗原くるめは葉をくいしばる

ふたつめの問題点は栗原くるめの口の開け方。歯を食いしばるような開け方で全然エロくありません。

もっと力を抜いて口を半開きにしないと女としての魅了は出てきません。こうした悪癖はエロプロなら見た瞬間に気づかないといけません。

それなのに何の対応もしないままいつもの派手責め派手撮りをやらかしています。そのせいで栗原くるめはさらに歯を食いしばるという。

エロの基本がまったくわかっていない監督なのでしょう。将来が期待される新人なのだからもっとちゃんした監督をつけるべきです。

そもそもこの監督は栗原くるめの秘めたるポテンシャルに気づいてない感じがします。もうパッケージ写真からしてアホです。栗原くるめはこんな顔をしていません。もっと田舎くさいブスな顔をしています。

つまりもっとエロい顔をしてるんです。そのことに監督が気づいてない。

ちゃんと違いのわかる監督に栗原くるめを撮って欲しいものです。そしたらこんなパッケージ写真には絶対しないはず。

これからですね。監督も栗原くるめも。


>>ダウンロード購入はDMM公式サイトで