白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」ドキュメンタリー風で超エロい

白玉ほたる 18歳 ほたる フライングデビュー

18歳の少女が1回限りAVでお小遣い稼ぎするドキュメンタリー風エロ動画。

白玉ほたるの子供っぽさと素人感は最強クラス!

>>購入はこちらで


販売元:DMM(単品販売)
女優名:白玉ほたる

白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

2白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

5白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

6白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

7白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

9白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

15白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

17白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

20白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

22白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

24白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

26白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

28白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

30白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

白玉ほたる「18歳 ほたる フライングデビュー」

これは凄いですね。

まるでドキュメンタリーです。白玉ほたるという18歳の少女が、お小遣い欲しさにAVに1回だけ出る様子を映像に収めた感じの作品です。

白玉ほたるは中学卒業後も高校には進学せず、プラプラしていたようです。もし高校に進学していたら学年的にはまだ高校3年生に当たります。そこがフライングデビューというタイトルの由来にもなっています。

白玉ほたるの素人感というか本物っぽさはダタ事ではありません。あまり賢い娘ではないため言動が非常に子供っぽいんですね。これほど精神年齢の低さを感じさせる娘ってなかなかいないでしょう。ロリものだとツインテールとかパイパンで幼さを表現しようとするけど、白玉ほたるは精神年齢の低さで18歳という年齢を体現してみせました。

社会性がまだ育っていないのか、自己中でまったく気を使ったりしません。アレが嫌とかコレが嫌とか言いたい放題。

だからAV女優なら当たり前にやることも嫌がります。ディープキスが嫌とか、オナニー撮られるのは嫌とか。男優が「ここ感じる?」みたいに問いかけても全然返事しません。援交感覚なのでしょう。仕事とは思ってないようです。

白玉ほたる18歳それだけに嘘がないんですね。AV女優なら気を利かせて感じてる声とか出して演技します。しかし白玉ほたるはそんな様子が一切なし。だから声をほとんど出しません。AVではあまり見ない非常に静かな絡みが展開されます。

しかしこのリアルな姿が激エロいです。お金欲しさにアダルトビデオに応募してきた18歳の娘そのもの。

素人ものを通り越してもはやドキュメンタリーになっています。すべてが本物です。声も表情も体の反応も全部がリアル。

そんな白玉ほたるがたまに本当に感じてしまって声を出すときの何とヤラシイこと。少女が感じるとこんな声を出すんだなと再確認出来ます。

しかし残念ながら監督がヘボで、白玉ほたるに余計なことばかりします。静かに感じているのにもっと声を出せと指示したり、挙げ句の果てに静寂を恐れてセックス中によく喋るし、あえぎ声まで出す始末。

めったにお目にかかれないリアル素人を前にして、必死にニセモノを撮ろうとします。本物の白玉ほたるを撮ればいいだけなのに。

もう完全にAV脳に犯されているんですね。大きな声で喘げばエロいと思っているし、卑猥なことを言わせればエロくなると思い込んでいる。

昨今のAV業界のダメさ加減がモロに現れてる作品と言えます。3回ある絡みのうち全裸になるのは最初の1回だけというあたりが象徴的です。2回目では制服姿。3回目は水着です。リボン残しや三角頭巾をやっています。

つまりよくあるAVを撮ろうとするんですね。めったに出会わないナイスな素材を前にしていながら。

白玉ほたるは色々なことを拒否して監督の思い通りに動きませんが、それでも何とか従わせて平凡なAVを撮ろうとする愚かさよ。

白玉ほたるパッケージ写真に監督の浅さがよく出ています。制服姿です。白玉ほたるは女子校生ではないのに。制服を着せて女子校生ものみたいにしてしまったら全部が嘘になってしまうのに。

ポイントはそこじゃないんです。学年的には高校三年生とかはあまり意味がないんです。大事なのは白玉ほたるの精神年齢の低さから来る幼さなのです。AV撮影がどんなものか全然わかっていない無知さなのです。

しかしヘボ監督は学年的にはまだ高校3年生という表面的な事実ばかりに注目して、ここでもやはりニセモノを作りあげようと必死になワケです。しかも白玉ほたるが着ているのは普通の制服ではなく、スカートが異様に短いAV丸出しの撮影用の制服。

このパッケージ写真では白玉ほたるの魅力も、作品が持つ本物の迫力も全然伝わらないでしょう。

そうした傷も多い作品ではあるけど、それでも孤高の輝きを放っているのは白玉ほたるが見せる嘘のない等身大の振る舞いのおかげ。

よくぞこれほどの天然少女を見つけて来たものです。1作で引退するのが残念でなりません。宣言通り白玉ほたるの続編は今でも出ていません。本当に1回限りみたいです。

パッケージ写真からはわかりませんが、顔はでんぱ組.incの夢眠ねむ似。

でんぱ組.inc 夢眠ねむ白玉ほたる

左が夢眠ねむ。右は白玉ほたる。

似ていますよね。眉毛の下がり方なんてソックリ。

しかし夢眠ねむがそうであるように、白玉ほたるも好き嫌いが分かれる顔ではあります。可愛いと言えば可愛いけど、ブスと言われればブスかもしれません。

ブサカワな顔立ちといい、AVっぽくないプレイ内容といい、作品自体好き嫌いが分かれると思います。

でも明智は好きです。

この作品に漂うAVっぽくない雰囲気こそAV本来の姿です。今のAVが作り物すぎるんです。白玉ほたるにもっと自由に行動させても良かったぐらいです。

白玉ほたるの2作目が出たら明智は絶対買うと思いますが、しかしもうこの1作目で見せたような素人感は失われているでしょう。デビュー作だからこそ出し得た1回限りの奇跡的な素人感なのです。

※現在amazonやDMMなどの大手サイトでは販売中止となっています。唯一取り扱っているサイトをリンクしておきます。しかしここもいつ販売停止になるかわかりません。


>>ダウンロード購入はこちらで