天川ひとみ「純真ひなのうぶエッチ」作り込みすぎが哀しい

パイパンのロリ少女を器具責めしたあとチンポも入れちゃう。

ちょっと作り込みすぎで天川ひとみがサイボーグのように見える。


>>動画のダウンロードは公式サイトで


販売元:カリビアンコム(月額サイト)
女優名:天川ひとみ

純真ひなのうぶエッチ ひな

純真ひなのうぶエッチ ひな

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

天川ひとみの哀しさ

天川ひとみはカリビアンコムにひな名義で2回出演しています。どちらの動画も良いのですが、裸が多いコチラをレビューしておきます。

最初は下着姿のままお触りからバイブ責めへ。このときの黄色い下着がすでにやり過ぎです。普通の白をセレクト出来ないあたりが天川ひとみらしいです。

その後のフェラチオも作り物感満載。

2回目の絡みは普通にベッドでセックス。この2回目ではかなり早い段階で服を全部脱ぐのがナイス。天川ひとみのパイパンがたっぷり拝めます。

しかしパイパンマンコがどうにも黒ずんでる。少女らしらはゼロのニセ物パイパンです。キレイになりたいのになれない悲しさ。

天川ひとみはもう見た目からして作り物っぽいです。まるでハーフです。コテコテの東洋人のクセに。カラコンがグロテスク。明らかにやり過ぎでしょう。

髪の毛も変な色だし、カチューシャも余計。服も狙いすぎ。もう何から何まで作り物すぎて腹黒さ満点です。

しかし、天川ひとみに漂う悲哀は何でしょう。キレイなパイパンに憧れるけどなれいていない悲しさ。ハーフに憧れているけどなれていない悲しさ。

会話のシーンなどで天川ひとみの話し方を聞いていても、高飛車な印象はありません。調子にのっている感じはしなくて、むしろ感じられるのは劣等感です。自分に自信がないことがどうしようもなく見え隠れしてしまいます。

そのコンプレックスがカラコンとかパイパンとなって現れてきているのでしょう。

いろいろと満たされていないのだろうなと予測できます。歩んできた人生もあまり良い物ではなかったのかもしれません。家庭に問題があって人格形成の段階ですでに道を外れてしまったのかもしれません。

天川ひとみの動画からはそういった悲哀がどうしようもなく滲み出ています。あまりに作り物っぽすぎて、あまりに自己否定感が強すぎて。

しかし天川ひとみは可愛い顔をしています。男優に責められ感じてくると、撮影を忘れて素顔の自分の戻ります。目を閉じて性の喜びに浸る瞬間の美しいこと!

メイクやりすぎの天川ひとみ感じてる天川ひとみは美しい

普段のサイボーグのような天川ひとみとはまるで別人のように、幼く無防備な顔になります。

素顔のままでいいのにコンプレックスをこじらせてニセ物ハーフみたいになってしまう天川ひとみ。なんてバカな女でしょう。なんて哀しい女でしょう。

マンコ黒ずんだキモいサイボーグ女と切り捨てるのは簡単です。でもそういう娘にこそ男の愛情が必要です。抱いてあげましょう。せめてオナってあげましょう。

この動画で試されているのは男としての度量です。


>>動画の視聴はカリビアンコム公式サイトで